MEDIA

  • Jang Euisu Japan Official Fanclub 入会はこちらから
  • Jang Euisu OFFICIAL BLOG

ALL

2020年07月01日

アジアBLが話題!タイ「2gether」&韓国「君の視線が止まる先に」&中国「陳情令」

いまSNSでは、タイのBL(ボーイズラブ)ドラマがちょっとしたムーブメントとなっている。「沼が深い」「レベル高すぎ」「マジで少女漫画」など、話題に乗って見始めたファンの中には“戻ってこられなくなった”方々ばかり。

確かにどこか懐かしい、少女漫画やラブコメの王道を思い起こさせる設定・展開で、思いのほかスッと懐に入ってくる…その不思議!? そこで今回は、入門編としてもオススメな、いま大注目のアジアBL作品をご紹介。

世界トレンド1位も!タイプ違いのイケメンにハマる「2gether」

先週5月15日に最終回を迎えたばかりの「2gether the series」は、タイ「LINE TV」での放送直後に公式YouTubeに英語字幕付きで本編がアップされることから、国内のみならず、日本を含む世界各国のファンを夢中にさせているBLドラマ(※現在、ドラマ本編は視聴できません)。

ある日突然、同性から告白された大学1年生・タイン。友人の提案で、学内にファンクラブまであるイケメンバンドマン・サラワットに偽の恋人のフリをしてもらおうとアタックするうちに、次第に恋愛感情が芽生えていく、という学園ロマンティックコメディの定番的ストーリー。

タイBLドラマ史上最高のヒット作といわれており、放送される度にTwitterのトレンド世界ランキングにも食い込むほど。YouTubeでの再生回数は各話400万回超えは当たり前。とりわけ、サラワットを演じたBright(ブライト)が歌うエンディングテーマのMVはハッピーラブラブ動画と化しており、彼の甘~い歌声も相まって、再生回数は驚異の2000万回突破間近となっている。

その人気の秘密は、なんといっても主人公2人の魅力。タインを演じるWin(ウィン)はドラマ初出演の新人俳優で、原作小説のイメージに寄せるため10kgも減量したのだとか。童顔の塩系男子にして、ピュアで柔和な雰囲気を持ち、同性に猛アプローチされて戸惑ったり、自分の思いをごまかしながらも嫉妬を隠せなかったりするタインをキュートに演じている。Instagramのフォロワーは5月21日現在で285万人と、日々上昇中だ。

一方、“彫刻のよう”と形容される目鼻立ちの整ったブライトは、モデル・歌手としても活躍し、ムエタイもたしなむという色気ダダ漏れ系。最初は素っ気なかったのに、タインを好きになるうちに愛情表現がド直球になっていくサラワット役がハマり、ツンとデレの落差がスゴすぎ。ブライトはSNSでのファンサービスも丁寧で積極的と評判がよく、Instagramのフォロワーは5月21日現在で390万人超え。

本国でもブレイクした2人は「BrightWin」のセットでメディアに露出することも多く、オフショットでも仲良し。そんな2人の恋の行方が気になって、自動再生がとまらなくなりそう!?

なお、7月31日(金)よりRakuten TVにて全13話が独占先行配信されることが決定している。

財閥御曹司とボディガードの関係は!?「君の視線が止まる先に」

愛の不時着」をはじめ世界的に人気を博している韓国型ラブコメと、アジア圏で大注目のBLジャンルの最強タッグが実現した「君の視線が止まる先に」は、アジアBLドラマの宝庫Rakuten TVにて5月22日(金)より日本最速配信。最終回を迎えた「2gether」のロスを埋める筆頭候補と目されている。

財閥2世テジュと彼のボディーガードのグクは、古くからの友達。だが、ある日やってきた転校生の天真爛漫女子・ヘミの出現で、その関係性が変わり始め…。
 

政財界NO.1財閥<TBグループ>の後継者で、何不自由ない暮らしを送り、常に世間の注目を集めるテジュを演じるのは、2019年に放送されたMnet「PRODUCE X 101」に出演して名を馳せたハン・ギチャン。本作で演技に初挑戦する。

そして、その傍に影のように離れずにいるボディーガードのグクには、「サイコメトリーあいつ」「バッドパパ」などに出演してきたチャン・ウィス。テコンドー、柔道、合気道、剣道、柔術などで鍛え上げた強靭な身体の持ち主で、思慮深いが無口で不器用なグク。いかにも“陰”と“陽”の2人が、親友という名の主従関係をどう超えていくのか要注目。

また、そんなグクにひと目ぼれする転校生ヘミには、「SUPER JUNIOR」のMV「Magic」や「ハンムラビ法廷~初恋はツンデレ判事!?~」に出演するチェ・ギュリ。さらに、彼女をいつもテジュに取られる“自称ライバル”ピルヒョンを、「宮廷の恋人」のチョン ・ジェヨンと、フレッシュなキャストが韓国発のBLドラマを盛り上げる。

アイドル出身の主演2人が大ブレイク&社会現象化「陳情令」

オーディション番組を経てアイドルグループ「X NINE」のメンバーとしてデビュー、この夏、主演映画『ジェイド・ダイナスティ 破壊王、降臨。』も日本公開されるシャオ・ジャンが魏無羨、中韓混成のボーイズグループ「UNIQ」のダンサー、ラッパーでもあるワン・イーボーが藍忘機を演じ、2人とも本作で大ブレイク。「2019年芸能界で特に活躍した10人」にも2人揃って選出され、最旬の顔としてその一挙手一投足が注目を集めている。

中国では原作を基に、アニメ、漫画、ラジオドラマなど多ジャンルに展開を遂げ、いずれも大ヒット。その勢いはタイ、韓国、そして欧米にも広がり、タイではファンミーティングも開催。中国・南京で開催された2人のコンサートでは、ファンによる応援合戦も過熱し、会場の上空に応援メッセージが描かれたヘリコプターが出現するほど!

そんな熱狂的なファンを生んだ要因の一つが、原作で描かれた耽美な世界観をシャオ・ジャンとワン・イーボーが圧倒的な美しさで体現し、“ブロマンス”のラインで巧みに表現したこと。丁寧な演出により、思わず身悶えてしまうシーンや胸を熱くさせるセリフを描ききった。

ここに取り上げたものは、まだまだほんの一部。俳優に魅了されるものから世界観にどっぷり浸れるものまで、この沼は確かに深そうだ。

↑